電波男は僧帽筋の夢を見るか

ワッシュさんがとうとうやってくれた筋肉映画ベストテンシュワちゃん映画というかカロルコ映画というか非常に偏りが強くなりそうな気がするが、それは仕方ない。例によって独断と偏見にまみれたマイベスト。

1.ターミネーター2(1991、アーノルド・シュワルツェネッガー

不動の一位として挙げざるを得ないのがこのT2。だいぶカットが甘くなったとか言われるがそりゃそうだ、シュワちゃん当時40代後半でござる。まあすべての基準と思っていただきたい。


2.トゥルーライズ(1994、俳優名不明)

アブ・アジズが核弾頭を披露するときに封印をぶっ壊した手下。こういう端役で出てくる無駄な筋肉。これですよ!80〜90年代のアクション映画を「筋肉マンのスーパーヒーローが大爆発で大暴れ」と揶揄する向きもあるが、筋肉は主役だけじゃねえ!「この人がこんなマッチョな必要あるの?」というとこにまで忍び込む筋肉。あのとき、俺たちは確かに筋肉バブルにいたのである。


3.レッドブル(1988、タイガー戸口)

物語の導入としてシュワちゃんにぶっ倒される雑魚役。こういう端役で出てくる無駄な筋肉。これですよ!80〜90年代のアクション映画を「筋肉マンのスーパーヒーローが大爆発で大暴れ」と揶揄する向きもあるが、筋肉は主役だけじゃねえ!「この人がこんなマッチョな必要あるの?」というとこにまで忍び込む筋肉。あのとき、俺たちは確かに筋肉バブルにいたのである。別にハッテン場とかではない筋肉山盛りのサウナでなぜか筋トレをする気違い達。危ないよ!


4.プレデター(1987、アーノルド・シュワルツェネッガー

シュワちゃんのみならず、カール・ウェザース、ジェシー・ヴェンチュラ、なんて持久力のなさそうな特殊部隊だ……これですよ!80〜90年代のアクション映画を「筋肉マンのスーパーヒーローが大爆発で大暴れ」と揶揄する向きもあるが、筋肉は主役だけじゃねえ!シュワちゃん、ヴェンチュラ、あとソニー・ランダムもと、後に皆やたら政治を志しているのも興味深い。イディオクラシーはここにあったんだ……


5.コマンドー(1985、アーノルド・シュワルツェネッガー

スティールパンを活用した(なぜ)テーマ曲に乗ってはち切れる上腕二頭筋。公開時期を前後しながらシュワちゃん映画を見返すと、やっぱ若いときのバルクはえらいことなっとんなと実感できます。


6.エクスペンダブルス(2010、シルベスター・スタローン

私の好きな言葉に、「異形を志したものに後退の道はない」というのがあるのですが(ボディビルの話だが、タトゥーとか整形とかいろいろ共通すると思う)、この作品でのスライの前腕の血管はまさにポイントオブノーリターンを過ぎた覚悟そのもの。六十過ぎて違法ステロイドで起訴される男である。


7.アザー・ガイズ(2010、ドウェイン・ジョンソン

アザー・ガイズ [DVD]

アザー・ガイズ [DVD]

プロレスラーは体をマットに叩きつけられても大丈夫なように体を作る、リング映えするようにでかくする、昔よりはシェイプされてる傾向はあるにしても、そこまでカットは意識せず、まあそんな感じなわけです。さてスクリーンデビュー前のロック様とそれ以降のロック様ではどこが違うか。筋量が圧倒的に違います。そして今のロック様、もはやフィジークの選手みたいな趣きすらあります。じゃあ細いのかというと当然違う。マーク・ウォルバーグだって肉体を売りにすることも多いんですが、やはり段違い。この作品はその辺を味わえる。何をだ。まあ、あの辺の人たちは作品に合わせて増減しますけどね、とんでもない範囲で。




8.ダークナイト ライジング(2012、クリスチャン・ベール

ダークナイト ライジング [DVD]

ダークナイト ライジング [DVD]

恒例の、作品としてはアレだけどそこだけは褒めてやろう作品。というか作品としてはアレなのでそこくらいしか印象に残らない作品かもしれないが、筋量としては申し分ない。作品ごとの肉体改造でも知られるチャンベールなのでアメリカン・サイコも見事でした。


9.トランスポーター3(2008、ジェイソン・ステイサム

トランスポーター3 アンリミテッド [DVD]

トランスポーター3 アンリミテッド [DVD]

結局のところ鍛えたらモテるかというとそういうのが好きな女にはモテるわけだが、無駄に体力をつけるとそれくらいじゃ治まらなくなっていい年こいてそばかすだらけのむかつく女でもとりあえずやってしまうと、まあそういう映画だ!


10.ウルヴァリン: X-MEN ZERO(2009、ヒュー・ジャックマン

私の好きな言い回しに「ダンベルを食べるように成長する」というのがあるんですが(なんでだよ)、トレーニングの成果が如実に表れる希有な体質のビルダーを表現した言葉なんですな。「アメリカン・ヒストリーX」のエドワード・ノートンが言われていたみたいに純粋に(ある程度まで)筋肉がつきやすいというのもあるんですが、それが目立つ骨格、それこそヒュー・ジャックマンのように、映えやすい胸郭とかそういう天与もあるわけです。そんな彼ですら、ウルヴァリンを演じ続けて筋肉も進化を続けている、それくらいトレーニングは奥が深い。「筋トレしてみたいけど、ボディビルダーみたいな気持ち悪い筋肉になりたくないし」みたいなこと言う奴、なれねえから安心しろ!

自分は犬派だニャー

みんな出版社も筆者も違うニャー

人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法

人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法

ラク〜に生きるヒントが見つかる 般ニャ心経

ラク〜に生きるヒントが見つかる 般ニャ心経

人生つれづれニャるままに 兼好法師

人生つれづれニャるままに 兼好法師

仁義もなりふりもなき戦い

よーしわかった(by等々力警部)

大石内蔵助の暗号
ワッシュさんとこで出てきたこの課題。今日は待機仕事ばっかなのでやるよ!とか言って解いたとこで答えが出ていた!勿体ないので一応解説。

まず法則性を解読したいのはこれ。

呂(ろ):あ 武(む):い 世(せ):う 奴(ぬ):え 保(ほ):お
部(へ):か 乃(の):き 和(わ):く 波(は):け 太(た):こ
之(し):さ 仁(に):し 比(ひ):す 曾(そ):せ 不(ふ):そ
天(て):た 美(み):ち 宇(う):つ 毛(も):て 与(よ):と
計(け):な 止(と):に 由(ゆ):ぬ 久(く):ね 末(ま):の
為(ゐ):は 幾(き):ひ 奈(な):ふ 知(ち):へ 利(り):ほ
遠(を):ま 良(ら):み 己(こ):む 加(か):め 女(め):も
左(さ):や 寸(す):ゐ 无(ん):ゆ 留(る):ゑ 以(い):よ
禰(ね):ら 安(あ):り 於(お):る 恵(ゑ):れ 礼(れ):ろ
婦(え?):わ 也(や):を 川(つ):ん

ではこれを別の順番に並べ替えてみました。まずはいろは順。最近たまに鳥獣戯画制作キットをやるので「いろは歌」が染みこんでいるのだ。

以(い):よ
呂(ろ):あ
波(は):け
仁(に):し
保(ほ):お
部(へ):か
止(と):に

お?

以(い):よ
呂(ろ):あ
波(は):け
仁(に):し
保(ほ):お
部(へ):か
止(と):に
知(ち):へ
利(り):ほ
奴(ぬ):え
留(る):ゑ
遠(を):ま
和(わ):く
加(か):め
与(よ):と
太(た):こ
礼(れ):ろ
曾(そ):せ
川(つ):ん
禰(ね):ら
奈(な):ふ
良(ら):み
武(む):い
宇(う):つ
為(ゐ):は
乃(の):き
於(お):る
久(く):ね
也(や):を
末(ま):の
計(け):な
不(ふ):そ
己(こ):む
婦(え):わ
天(て):た
安(あ):り
左(さ):や
幾(き):ひ
由(ゆ):ぬ
女(め):も
美(み):ち
之(し):さ
恵(ゑ):れ
比(ひ):す
毛(も):て
世(せ):う
寸(す):ゐ
无(ん):ゆ

だめだこりゃ。けど「いろは歌」って他にもあるんだよな。「掘出された童話」でも亜愛一郎が言ってたぞ……(しかし情報源が狭いね我ながら)

亜愛一郎の狼狽 (創元推理文庫)

亜愛一郎の狼狽 (創元推理文庫)

ああこれだ。

鳥啼く声す 夢さませ
見よ明けわたる 東を
空色映えて 沖つべに
帆舟群れゐぬ もやのうち

万朝報が明治36年に募集して一位を取ったというあれ。ヒントでも「MANCHOHHOH」って出てきますね。

止(と):に
利(り):ほ
奈(な):ふ
久(く):ね
己(こ):む
恵(ゑ):れ
寸(す):ゐ
由(ゆ):ぬ
女(め):も
左(さ):や
末(ま):の
世(せ):う
美(み):ち
与(よ):と
安(あ):り
計(け):な
和(わ):く
太(た):こ
留(る):ゑ
比(ひ):す
无(ん):ゆ
加(か):め
之(し):さ
遠(を):ま
曾(そ):せ
良(ら):み
以(い):よ
呂(ろ):あ
波(は):け
婦(え):わ
天(て):た
於(お):る
幾(き):ひ
川(つ):ん
部(へ):か
仁(に):し
保(ほ):お
不(ふ):そ
禰(ね):ら
武(む):い
礼(れ):ろ
為(ゐ):は
奴(ぬ):え
毛(も):て
也(や):を
乃(の):き
宇(う):つ
知(ち):へ

これだ!
まあ先に答えが書き込まれていましたが……
つまり「I→N→Iのみの特殊装置で解読できる書」は「い、ろ、は……ん」の「いろは歌」についてのもの、「TO→TI→TO(MANCHOHHOH)のみの特殊装置で解読できる書」は「「と、り、な……ち」の「とりな歌」ということでありましょう。ずらす字数については……
分かりません。帰って寝よう!

音楽映画ベストテン

先日仙台に出張した際にワッシュさんとベストテンの話題をしたものです。出張中はワッシュさん情報をかなり参考にさせていただきました(きわみやとか丸昌とか)
そして時間をかけた割にひねりのない結果が!
http://d.hatena.ne.jp/washburn1975/20151031
1. スパイナル・タップ

架空のメタルバンド「スパイナル・タップ」のモキュメンタリー。アンプの目盛りとかギャグもノンストップで最高なんですが、ロックドキュメンタリーの定番を抑えた展開も素晴らしい。メタルのダサさをギャグとして昇華したものとしてはこれが最高だと思う。メタルがだせえなんてファンが一番わかってんだよ!
2. ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD]

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD]

あとはもう思い出した順みたいなもんで。曲もよかったですしね。
3. アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち
アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~(初回生産限定盤) [DVD]

アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~(初回生産限定盤) [DVD]

メタルがだせえなんてファンが一番わかってんだよ!(2度目)。この映画の話題だけで3時間は酒席が持つな(スーパー・ロック・フェスティバルで1時間、アンヴィルで1時間、日本人の律儀さで1時間)。
4. ウォーク・ハード ロックへの階段それにしてもロック映画とモキュメンタリーの親和性とは(正確にはニセ伝記映画)。オチも含め勘所を押さえまくっていて素晴らしい。
5. スクール・オブ・ロック
スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

しかしバンドマンはろくな奴がいねえな!
6. あの頃ペニー・レインと実は音楽の印象が薄いんですけどね(甘酸っぱさに持ってかれた)。
7. リンダリンダリンダ
リンダリンダリンダ [DVD]

リンダリンダリンダ [DVD]

メンバーみんな可愛かったなあ(なぜ過去形)
8. 8Mileブリタニー・マーフィー可愛かったなあ(これは過去形。悲しい)。
9. ハッスル&フロウ
ハッスル&フロウ [DVD]

ハッスル&フロウ [DVD]

ラッパーもろくな奴がいねえな!
10. バーレスクなんとなく!

サンデージャポン

このツイートを見て何となく思い出したマクドナルドか何かのおまけ。

英語読みと非英語読みが混在していて妙にモヤモヤする登場人物一覧である。



いや、ひっかかるところはそこではないというのは分かっているのだ。

胸をアッセンブル

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」を観てきたのです。
GODZILLA ゴジラ」の若妻役で存分に生かされていたエリザベス・オルセンのぽってりとした可愛さが、今作でも最大限発揮。ああいう顔かたちだとゴス入ったアイメイクをさせたくなる気持ちは分かる。俺は分かる(ナチュラルのほうが好みではある)。ゴジラでの夫婦役コンビを姉弟役に据えるそこはかとないキャスティングの倒錯感にも萌えろ。

さて、そんな新加入の美女に劣らず色気フルスロットルのナターシャ・ロマノフa.k.a.ブラックウィドウ。地上波で見た米倉涼子の吹き替えが結構おばちゃん声と思いきや本人も結構おばちゃん声なスカーレット・ヨハンソン、胸の形にコンプレックスがあるのか型崩れを異常に気にしているのか、かなり盛っていることがよく分かる。

風呂に入ろうとするときのバスローブ姿でも盛り盛り。

「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」でのヌード。十分きれいだとは思いますが。

まあスタイルだけで言ったらエージェント・ヒルがダントツという残酷な結果になるわけだ。

眼福映画。

機械仕掛けの>>1

たまにはてブにもまとめが上がっている創作実話(2ちゃんとかで書かれる実話・体験談っぽい体なんだけど、なんかご都合主義で出来すぎた話)。やっぱり筋が限られているので新作が出てきても「ああ、このパターンか」と流れが読めてしまったりする。これまでにもありがちパターンを並べる人はいたが、とりあえず「腹立つ奴をとっちめる」系の話に出てくるデウス・エクス・マキナの類型を備忘録程度に2、3個挙げておこうというお話。(こういう場合は実例も挙げるものだが、創作という確証もないからぼんやりした内容となる。まあその程度のものです)

ドラえもん
「家族に絡んできた都会のチャラ男をビビらせる、身長180センチ、体重100キロ、スキンヘッドで見た目ヤクザな弟」とか、「しょうもないいじりをしてくるリア充に睨みを効かせてくれる、幼なじみの気のいいヤンキー」とか、「立場だけでなんとなくモテていい気になってるブスに身の程を知らせる、気のいいギャル」みたいな、妙に都合のいいスペックの仲間が話を解決してくれる。そんないい仲間がいるのに、なんでいつも不愉快な奴らとつきあってるんだよ……

・相手の親
「浮気した嫁」とかの話で特に多いが、大体えらく物わかりがよくて平謝り、何なら娘を張り倒してくれる。実際私の知人には、旦那に浮気されて相手の親が土下座&相場の3倍の慰謝料という姉がいるのだが、どういうわけか創作実話で多いんだこのパターン。
ちなみに「この親にしてこの子あり」みたいなのもあるわけで、UWFでおなじみ「悪い方の鈴木健」の元嫁の母親の話とかまさにアレ。とはいえ鈴木健本人も大概なのであった。

吉田豪の喋る!!道場破り プロレスラーガチンコインタビュー集

吉田豪の喋る!!道場破り プロレスラーガチンコインタビュー集

・>>1
語り手はぱっとしない流れなのに、なぜか突然鋭く正論を放って周りを黙らせる。まあ語り手じゃなくても「鋭い観察眼による突然の一言でオバハンとか市民団体を黙らせた子供」とかな。大体正論一言でどうにかなるなら世の中ゴタゴタしないのである。最近ゆうきゆう氏の漫画がそんな感じになってるという評を目にしたが、一つの理想型なんだろうね。お前らほんと「はい論破」好きな!


というわけで書き手の仮想敵や筆力も含めて味わい深いジャンルではあるのだが、これからも真贋のあはひで書き手の自意識が暇人を楽しませ続けるのでありましょう。乙。